愛知登文会 国登録有形文化財特別公開 2018

一宮市 墨会館
一宮市 墨会館

国宝や重要文化財のようにたいそうなものでなくとも、後世に残したい歴史的建造物を、国登録有形文化財として登録する制度があります。
愛知県は、全国で5番目、494件もの登録があるそうです。
この国登録有形文化財(建造物)を所有する方たちの情報交換の場として、愛知県では平成2 3 年、愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会(略称「愛知登文会」)が設立され、保存と活用、啓蒙のための活動をしています。
今年も秋に、県内50カ所の登録有形文化財において、普段公開されていない建物の公開や、専門家・所有者による建物解説を行います。
公開は、当日の時間を決めて自由に見学できる所や、事前予約制の所などいろいろあるので、見学を希望する時は、ホームぺージなどで要綱をよく見て応募しましょう。

http://www.aichi-tobunkai.org/kokai/2018/index.html

やっとかめ文化祭2018のまち歩きツアーへ!

名古屋の街を舞台にした「芸どころ・旅どころ・なごや」の祭典、「やっとかめ文化祭2018」の募集がスタートしました。
伝統芸能のストリートライブや、格式ある料亭でのお座敷遊びや芸能鑑賞、歴史や伝統文化を楽しく学べる「まちなか寺子屋」、名古屋の魅力を歩いて再発見する「まち歩きなごや」などなど、様々なイベントが繰り広げられます。普段行けないような場所に入れたり、体験できないようなことが体験できたり、見慣れた所でも、知らなかった歴史が聞けたりといろいろな発見ができます。「まち歩きなごや」は気軽に参加できるのでお勧めです。
人気の講座・コースはすぐに満席になります。お申し込みはお早めに!

名古屋やっとかめ文化祭2018あち歩きツアーのホームページ

中山道ぎふ17宿歩き旅2018

今や人気の街道歩き。
木曽路を含む中山道は今も往時の面影を色濃く残しています。
岐阜県には中山道67宿のうち、17宿があります。
そこで「中山道ぎふ17宿」をまるごとテーマパークに、グルメ、歴史、文化、芸能など様々な体験プログラムが楽しめるイベントが開催されます。
各プログラムの募集は、9月3日から始まっています。
人気のプログラムには、すでに満席のものも。
秋にウォーキングもかねていかがですか?

中山道ぎふ17宿歩き旅2018

街道歩きの参考には、このサイトも便利です。

街道歩きの旅「歴史の道」を歩く

レゴランド・ジャパンを楽しんできました!

レゴランドの入り口です
レゴランドの入り口です。

名古屋にオープンして1年となるレゴランド・ジャパンに行ってきました。子供も大きくなってしまい、大人二人連れです。

レゴランドの一番のネックは入場料の高さですが、割引のコースもいろいろあります。
愛知・岐阜・三重・静岡に住んでいれば、現在、ホームタウン1DAYパスポートが2018年7月13日まで販売されていて、大人料金が6900円のところが4500円になります。当日窓口で買えます。

中部電力のWebサービス「カテエネ」の会員なら25%オフクーポンがもらえ、大人は5100円になります。
新規登録ならレゴランド1DAYパスポート大人1名分(6,900円)ご購入で1名無料 となるクーポンもあるそうです。詳しくは中部電力のサイトを探してみてください。

また7日以上前に購入すれば6200円という割引もありまし、子ども連れのファミリーにはまた別の割引があるようです。

さていよいよレゴランドに入場ですが、平日に行ったので、来ている人は小さなお子さんを連れた家族連れか、海外からのお客さんばかり。乗り物は、制限があるものでもほとんど90cm以上ぐらいなので、小さな子供からお年寄りまで、幅広く楽しめます。手を使ってポンプを押したり、よじ登ったり、ちょっと体を使って遊ぶ感じのアトラクションも多く、クリエイティブな感じがしました。

水がかかるアトラクションもいくつかあるので、天気の良い日がお勧めです。(全身ドライヤーの設備もありました)

今なら割と空いているので、乗り物も乗り放題ですね。

レゴだけあって、園内のあらゆるところにレゴで作られた大がかりなオブジェがあって、そのクォリティに感動します。
また、休憩所や待つ所などにレゴのブロックで遊べるようなスペースがあり、レゴ好きな子なら一日中楽しめるでしょう。

スプラッシュ・バトルは、船と岸とで水鉄砲を撃ち合います
スプラッシュ・バトルは、船と岸とで水鉄砲を撃ち合います
城門の傍らで昼寝をする兵隊像
城門の傍らで昼寝をする兵隊像
サブマリン・アドベンチャーは本物の潜水艦に乗っている気分に
サブマリン・アドベンチャーは本物の潜水艦に乗っている気分に
本物のサメやエイが泳いでいました
本物のサメやエイが泳いでいました
キャット・クラウド・バスターズは、 ロープを引っ張ると上に上がります。
レゴのブロックで遊ぶコーナーがあちこちにありました
レゴのブロックで遊ぶコーナーがあちこちにありました
レゴで作られた日本国内の名所のジオラマ
レゴで作られた日本国内の名所のジオラマ
レゴでできたラクダや遺跡
レゴでできたラクダや遺跡
4月からホテルや水族館もオープンしています。
4月からホテルや水族館もオープンしています。

レゴランドの外にあるメイカーズピアには、食品サンプル工房や、ロボ工房、ガラス工房、オリジナルスタンプが作れるシャチポンや、和傘屋、海老せん屋、おいしそうな食べ物やさんがいろいろあって、またゆっくり行ってみたいと思いました。

サンプル工房
サンプル工房

毎月28日は、東別院周辺の朝市へ

毎月28日に東別院で「てづくり朝市」が開催されるようになって、今ではたいへん多くの人を集めるようになりました。
近年では、それに連動して、東別院近辺の寺町で様々なマーケットが開かれるようになりました。
歴史ある街並み自体も風情があって面白いので、ぐるっと回ってみるといいですよ。
朝市の開催に合わせ、地元ガイドによる「まちめぐりガイドツアー」も予約不要で参加できます。

詳しくはなごや寺町まちづくり協議会のホームページで
http://nagoya-teramachi.net/

尾州毛織物産地を巡る

大ナゴヤツアーズに、全国生産量の80%を占める毛織物の産地を巡るツアーがあります。
世界のトップブランドの製品の生地を作っている企業を見学。
身近にこんなすごい工場があったのかと驚きます。
最後に行く、日本中の生地サンプルが10万点以上揃っていて触れることもできる「マテリアルセンター」のサンプル室は圧巻です。

http://dai-nagoyatours.jp/article/1808.html

大ナゴヤツアーズが面白い!

名古屋のまちを中心とした東海エリアのまちの魅力を「体験」「学び」「見学」「まち歩き」などを通して楽しめる、「大ナゴヤツアーズ」が面白いです。遠くではなく、日帰りで行ける場所で、スペシャルな案内ガイドによる、体験プログラムツアーです。

料亭の若女将から酒蔵の蔵元、伝統工芸の職人、趣味を極めた達人など、バラエティ豊かなガイドさんが、まち歩きや体験を案内してくれます。現地集合なので、料金もお手軽。普段なかなか気が付かなかったこと、体験できないツアーが、毎月たくさん用意されています。
一度ホームページを見てみると楽しいですよ。

http://dai-nagoyatours.jp/

やっとかめ文化祭2017募集開始

名古屋の街を舞台にした「芸どころ・旅どころ・なごや」の祭典、2017年の「やっとかめ文化祭」の募集がスタートしました。
伝統芸能のストリートライブや、格式ある料亭でのお座敷遊びや芸能鑑賞、歴史や伝統文化を楽しく学べる「まちなか寺子屋」、名古屋の魅力を歩いて再発見する「まち歩きなごや」などなど、様々なイベントが繰り広げられます。普段行けないような場所に入れたり、体験できないようなことが体験できたり、見慣れた所でも、知らなかった歴史が聞けたりといろいろな発見ができます。高須克弥(医学博士)と荒俣宏(博物学者、小説家)による対談「尾張博物学と名古屋の力」など、今年も目が離せません。
お申し込みはお早めに!

名古屋やっとかめ文化祭 公式ホームページ

「ものづくり文化再発見!ウォーキング」 今回は常滑エリア

日本の近代産業の発展を支えてきた多くの産業文化財や、製品づくりの現場など街に点在するものづくり文化に触れて愉しみながら歩く「ものづくり文化再発見!ウォーキング」が、今回は常滑エリアで開催されます。
常滑は愛知が誇るやきものの産地。土管や陶器の瓶が埋め込まれた道やレンガ造りの煙突などが町の風景にとけこんでいます。一方で、海に近いりんくうエリアでは大型商業施設が進出し、なつかしさと新しさが共存。産業遺産から現代のものづくりまで体感できるコースです。
立ち寄りスポットは以下のようです。主要なスポットでは専門家が説明してくれます。

1.名鉄「常滑」駅(スタート)
2.常滑焼と陶芸体験 まるふく
3.とこなめ陶の森
4.常滑焼ヤマタネ
5.INAXライブミュージアム
6.陶彫のある商店街
7.渡辺章製陶所
8.登窯(陶榮窯)
9.登窯広場展示工房館
10.廻船問屋瀧田家
11.土管坂
12.グラス ワークス・楽
13.角山陶苑
14.常滑市陶磁器会館
15.にざまつ 散歩道店
16.大蔵餅 本店
17.めんたいパークとこなめ
18.イオンモール常滑(ゴール)

約9km約3時間(徒歩部分)のコースです。
申込期限は一応 2017年6月9日(金)になっていますが、当日参加もOKです。
※参加キャンセルや、当日遅刻の場合のご連絡は不要です

いちのみや産業観光推奨コース

一宮市の商工会議所が「いちのみや産業観光推奨コース」 を作成したそうです。

一宮の歴史に培われた産業遺産や文化遺産、また今もなお一宮市に息づいているテキスタイル産業等を新たな観光資源として捉え、 それらについて他の地域資源とともに、新たな発想や手法による訴求力の高いプロモーションを調査研究して作ったものだとか。
これまでの観光案内のように名所旧跡ばかりの紹介ではなく、工場の見学や、映画のロケ地巡り、御朱集めなどのテーマがあったり、お勧めの飲食店なども掲載され、楽しめるコースになっています。
工場見学などは、事前予約や、ある程度の人数が必要な場所もあるので、誰でもすぐにこのコースを行けるわけではありませんが、写真もきれいですし、だいたいの地図や歩く時間も載っているので、参考になります。

一宮市観光協会HPより
http://138ss.com/new_news/sangyokanko/index.html